事業案内

次世代型熱分解廃棄物処理装置ERCM

熱分解廃棄物処理装置ERCM

ERCMは可燃性有機廃棄物を熱分解し、セラミック状の灰に転換(無機化)して劇的に減容する廃棄物処理装置です。
熱分解による有機廃棄物処理という特許技術を活用し、低コストで高い減容率と無公害を実現しました。

特長

低コスト

  • 補助燃料が不要なので、補助燃料費がかかりません
  • 24時間365日連速運転が可能ですが、低温のため夜間は無人運転が可能で人件費もかさみません
  • 超省電力です(*5t/日処理の場合、5万円/月程度)
  • 排ガスが少なく脱硝装置が不要

高い減容率

  • 1/100~1/500まで減容
  • あらゆる可燃性廃棄物をセラミック状の灰に転換
  • 分別や前処理が不要

※セラミック状になった灰は買取いたします

無公害

  • 熱分解処理中、ダイオキシン類、NOx類、煤塵が出ない
  • 排出される灰は炭素残留量が極めて少なく、後処理不要
  • 低温処理のため排熱がほとんど出ない

※廃棄量に合わせて様々なサイズをご用意できます(0.2t/日~)

処理可能な特殊な廃棄物

●感染性医療廃棄物(注射器、おむつ等も直接投入可能)
		●SR/ASR(シュレッダーダスト、廃タイヤ等も可能。ワイヤー等金属部品のみのこる)
		●廃プラスチック(ビニル、発泡スチロールも可能)
		●野菜くず(生ゴミ、発酵かす、内蔵、貝殻等も可能。高含水率処理)
		●下水汚泥(し尿、汚泥、焼却灰も可能。高含水率/におい処理)
		●糞尿(高含水率/滅菌・殺菌/におい処理)

特許技術

●国内特許取得済 第4580388号
●米国特許取得済 USP No.7,648,615 B2
●その他国際特許

環境省 平成24年度除染技術実証事業選定技術

導入実績

ERCMの導入実績

ERCMパンフレットダウンロード

Pocket


home